D-Vシリーズ。パーツ自走式チャンネルに取り付けられたインライン消磁装置

Smagnetizzatori in linea inseriti in canali di rotolamento, serie “D-V”   

単一パーツの消磁用にパーツ自走式チャンネルに取り付けられたインライン消磁装置。D-Vシリーズはパーツ自走式チャンネルでインラインに置かれ、丸い、リング状、ローラー型、円筒形のパーツを消磁する電子インパルス消磁装置です。通常は切削加工機械の後工程に置かれ、パーツは重力でゆっくりとコイル中央に進んで、パーツを停止する必要なく消磁インパルスが出されます。中程度の大きさのパーツには消磁コイルにストッパーを備え、コイル中央にパーツを停止させます。この消磁装置は小型、中型のパーツにのみ使用します。

特性と利点

  • 高い処理速度(パーツの大きさにより最大2秒)
  • 最小消費エネルギー(150ワット未満)
  • 容易な実装
  • ほとんどメンテナンス不要

見積もりに必要な技術データ

  • パーツ形状
  • 最小、最大パーツ寸法
  • パーツの最大重さ
  • サイクル時間(毎時パーツ数)
  • 1日当たり作業時間
  • 最小残留磁気要件

オプション

  • 電子サポート
  • 電子回路~コイル間ケーブル長

アプリケーション

  • ベアリング製造
  • 自動車製造


カタログのダウンロード  

見積もりを差し上げます  フォームに記入してください

CLOSE
CLOSE